僕が安物のイヤホンでいいやって思った理由

Earphones

音楽が好きなので、長時間イヤホンで音楽を聴くことがよくありました。

以前は、1万円前後くらいのいいイヤホンを使っていましたね。
やっぱり音楽好きとしては音質にもこだわりたいですから。

値段が高いイヤホンのいいところは、音質がいいのはもちろんですが、細かく言うと高域の音が潰れないのがいいです。
シンバルの音とか潰れてると聴いてて疲れるんですよね。
安いイヤホンはだいたい高域つぶれます。

それで一度いいイヤホンを使うと、安いイヤホンに戻れなくなっちゃいますよね。
たまに安いイヤホンで音楽を聴くと、「こんなに音悪いものだったっけ?!」ってびっくりします。

そんな僕ですが今は安物のイヤホンで満足してます。
その理由はこちら。

安物のイヤホンでいいやって思った理由

長時間イヤホンで音楽を聴くことがほとんど無くなった。

学生の時は通学中や勉強中にイヤホンを使っていましたが、社会人になってからはほとんど使いません。
住んでいるところが田舎のため車社会なのです。音楽は車の中で聴いている時間が最も長いです。
イヤホン使うのは飲みに行く時の電車くらい。

酔っ払うとイヤホンを失くす。

飲みに行って酔っ払った時、電車で使ったイヤホンを失くしちゃうんですよ。
お店に入ってとったた帽子も財布もぜったい失くさないんですが、イヤホンだけはすぐ失くなります。まぁあと傘もよく失くすんですけど。

壊れる。

ケーブルを変えれるタイプのイヤホンもありますが、僕のはそうじゃなかったので断線して壊れることがありましたね。
書いてて思い出したんですが、高校生の時はipod nanoごと洗濯して壊しちゃったこともありました。
壊すし失くすし僕ってバカなのか?
とにかくそんな事があったので、高いモノを買うのはもったいないかなって思うようになりました。

コスパがいいイヤホンに出会った。

PHLIPSのSHE9700っていう安いのにやたら評判のいいイヤホンを知って、使ってみたんですよ。
そしたら、たしかに評判通り音質がよくて、これでいいやって思いました。
もちろん高級イヤホンに比べたら劣りますが、全然使えるレベルだと思います。

最初に買ったSHE9700はもちろん酔っ払って失くして、今は後継機種のSHE9720を使っています。

ちなみにこのイヤホン、マツコの知らない世界でも紹介されてたみたいですね。

 Golden Ears(ゴールデンイヤー)について
10週間に渡るトレーニングを積み、わずかな音の違いも正確に聴き分け、その違いや音色を表現できる黄金の耳「ゴールデンイヤー」。
フィリップスは、製品開発の初期段階から目指すべき音質を見極め、サウンドエキスパート「Golden Ears(ゴールデンイヤー)」による厳正な審査を行っています。
全体の音響バランスなど、クオリティを緻密にコントロールし、常に最高レベルの、妥協のない音作りに取り組んでいます。 

こちらが高音質の秘訣だそうです。
僕みたいに、安くてそこそこの音質を求めている人にはぴったりのイヤホンだと思います。
ぜひお試しあれ。