エレキバイオリンの音も、サイレントバイオリンのようにイヤホンで聴ける

headphones

以前、YAMAHAのエレクトリックバイオリンとサイレントバイオリンを比較する記事を書きました。

www.sulphurbottom.com

この記事で、サイレントバイオリンはコントロールボックスで音源と楽器の音をミックスした音をイヤホンで聴けることから、あまり大きな音を出せない環境での練習向きと書きました。

ただ、イヤホンを利用しての練習がメインの方にも、将来的に人前で電子バイオリンを弾く可能性があるのなら、サイレントバイオリンではなくエレクトリックバイオリンをオススメしたいと思います。

その理由は2つ。

理由1.エレクトリックバイオリンの方がステージユースに向いている

このブログで何度か書いているように、エレクトリックバイオリンの方が、アンプやミキサーにつなげて音を出すのに向いています。

練習よりも本番を想定した楽器を選ぶ方が合理的ではないでしょうか。

www.sulphurbottom.com

理由2.エレクトリックバイオリンの音もイヤホンで聴ける

こちらの記事で、エレクトリックバイオリンの音を出すためにアンプを使う方法を紹介しました。

www.sulphurbottom.com

エレクトリックバイオリンとアンプをシールドケーブルで直接接続するものです。

多くのアンプにはヘッドホン端子がついているので、そこにヘッドホン(イヤホン)を接続することで大きな音が出せない環境でも練習できます。

f:id:swk738:20170629164944j:plain

AUX IN 端子が付いているアンプなら、楽器の音と音源のミックスも可能です。

f:id:swk738:20170629164937j:plain

練習用のおすすめアンプ

 

練習用のアンプでしたら、YAMAHAのTHR5Aがオススメです。

エレクトリックバイオリンを直接つないで、アコースティックに近い音を出すことができます。

AUX IN 端子も搭載しているので、iPhoneなど携帯プレーヤーを接続して、音源を同時に聴くことも可能です。

環境によってアンプから音を出すか、イヤホンで聴くか選べるので便利に使えますね。