100均の椅子で自作するアンプスタンド

Amp

指向性から考えるバンドの音量バランスをとるためのコツ

こちらの記事でも勉強したように、中高域の音には指向性があります。
そのためアンプの目の前に立った状態では、鳴っている音がしっかり耳に届かないということでしたね。
これによって音量を必要以上に大きくしてしまうことがあります。

さらに、中高音域が聞こえてこないという事なので、もちろん音作りにも悪影響が考えられます。

アンプを持ち込んで演奏する場合、アンプの高い位置に置ける台があればいいのですが、床にに置く場合は音がかなり聴こえにくくなってしまします。

改善策を調べていたところ、アンプスタンドというものがありました。
角度をつけられたりとか便利な製品もたくさんあったのですが、小型アンプに最適なアイディアを見つけました!

ダイソーのレジャー椅子をアンプスタンドに改造

【改造】ダイソーの折りたたみイスをアンプスタンドに

こちらのFull10 一起さんのブログの、100円ショップの折りたたみレジャー椅子をアンプタンドに改造するというものを真似させていただきます。。

f:id:swk738:20170629164820j:plain

僕もさっそくDAISOへ出かけて、レジャー椅子を買ってきました。150円でした!

耐荷重は50kgとありましたので、小型アンプには十分な強度だと思われます。

アンプスタンドとして使うためには、椅子の開き方を調整するヒモが邪魔なので取り外す必要があります。
そうしたらひっくり返してアンプを乗っけるだけです。
だいたい45度くらいの角度にアンプをセッティングできました。

f:id:swk738:20170629165901j:plain

 

使ってみた感想

アンプに十分な角度がついたため音がかなり聴こえやすくなりました。

なによりコンパクトなので持ち運びが楽なのが嬉しいですね。

ライブでモニターとしても使ってみましたが、音が聴こえにくいこともありませんでした。

安定感としては横から押すとぐらつきますが、普通に使っている分にはぶつかったりしなければ倒れたりはしないと思います。
サイズ的には15Wほどの小型アンプが限界かなと思いました。